血流を制限する加圧トレーニング

血流を制限する加圧トレーニング

この圧のかけ方によりましてトレーニングの負荷も変化してくるのと、適切な圧には個人差があるため、不可避有資格者の指示に従いまして行うことが必要です。加圧トレーニングでの負荷と同じレベルのトレーニングをしましょうとすると、2時間くらいかかります。

腕や足に専用のバンドを巻いて圧力を加え、血流を制限した状態でトレーニングを行うことを加圧トレーニングという。ただし、あえて血液を流れにくくする、ですのでありまして、絶対に止めているわけではないです。

その為、軽快負荷でも重量が掛かる負荷をかけたときと同じようにらい筋肉を鍛えられるため、重量が掛かるものが持てない筋力の無し女性にも向いていますのです。低負荷(最大筋力の20〜30%)の運動でも高負荷(最大筋力の80%)で行われたときと同程度の効果を得られると言い聞かされます。


ホーム RSS購読 サイトマップ